小さな子ども


細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で乳幼児に多く発症します。強烈な耳痛や38℃以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などの多様な症状が出るのです。
杉の木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子どもが体温は異常ないのに頻繁にくしゃみをしたり水っぱなが止まってくれない症状だったなら、その子は『スギ花粉症』の可能性があります。
学校や幼稚園など大規模な団体生活をするに当たって、花粉症の症状の為に他の皆と同様にエネルギッシュに行動できないのは、患者である子供にとっても寂しいことです。
吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というのは喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上の消化管から出血する病状を表しています。
メタボリックシンドロームとは言われなくても、内臓の脂肪が溜まりやすい種類の悪い肥満症に陥る事に縁り、色々な生活習慣病を招きやすくなります。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常であれば人をがんから保護する役割を持つ物質を産出するための型である遺伝子の不具合で起こってしまうと言われています。
ストレスが蓄積してしまう原理や、便利で有用なストレス対策など、ストレスの基本的な知識をお持ちの方は、今のところ少ないようです。
下腹の激しい痛みを訴える人の多い代表的な病気には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵管の疾患など、色々な部位の病気がみられるようです。
BMIを算出する式はどの国にも共通していますが、値の位置づけは国家によって少しずつ違っていて、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と決めています。
比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対しての抵抗力、即ち免疫力を持っていない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染が増えていると言われています。
エイズはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症であり、免疫不全となり些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍を複数発症する病状そのものを指しているのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のビタミンCや脂溶性であるビタミンEなどとは性質が異なり、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があります。
30〜39才の間に更年期になったとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(POF)」という病気のことを指します(日本では40歳未満の女の人が閉経してしまう症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と定義します)。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギー源を活用するために必要な回路へ組み込むため、更にクラッキングするのを促す作用もあります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞や組織などの代謝に深く関わっている酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する要素としてなくてはならないミネラルだといわれています。