細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で乳幼児に多く発症します。強烈な耳痛や38℃以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などの多様な症状が出るのです。
杉の木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子どもが体温は異常ないのに頻繁にくしゃみをしたり水っぱなが止まってくれない症状だったなら、その子は『スギ花粉症』の可能性があります。 Read More