酸化


生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在しているインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったため、その膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなり発症するという種類の糖尿病なのです。
トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる効果が格段に認知されてはいますが、この他に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが認められています。
クモ膜下出血(SAH)は9割弱が脳動脈りゅうという脳の血管にできた不必要な瘤(こぶ)が裂ける事が理由となって罹患してしまう恐ろしい病気として知られるようになりました。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月以降はとなるため、小児科などの医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりますのでご注意ください。
環状紅斑は環状、要はまるい形状をした真紅色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総称ですが、その病因はまったくもって多種多彩だといえるでしょう。
流感、即ちインフルエンザに適応する予防するための方法や治療法を含めた必ず行われる措置は、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人体の中の脂肪が占有している比重のことであり、「体脂肪率=体脂肪量÷体重(キログラム)×100」という数式によって分かります。
ともすると「ストレス」というのは、「無くさなければいけない」「排除すべきもの」ものと考えがちですが、本当は、ヒトは大小のストレスを経験するからこそ、生活し続けることに耐えられるようになっています。
一度永久歯の表面を保護しているエナメル質を溶かすまでに拡大してしまった歯周病は、多分病状そのものが治まったとしても、無くなった骨が元通りに復活するようなことはないでしょう。
ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別されますが、この中耳付近に黴菌やウィルスなどがうつり、炎症が発症したり、体液が滞留する症状が中耳炎というわけです。
ダイエット目的でカロリーを抑える、ほとんど食べない、こんな生活のスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を招いていることは、頻繁に危惧されているのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もしていなくても使用するエネルギー量のことであり、その大部分を全身の様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3種類で使っているとのことです。
食事という行動は、食べようと思った物を気軽に口へ入れたら何度か噛んで嚥下して終わりだが、その後体はまことに律儀に活動し食物を身体に取り込むよう努力しているのだ。
軽傷の捻挫だと勝手に決めつけ、湿布を貼って包帯やテーピングでとりあえず固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置してからすぐ整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は早く完治させる近道となります。
子どもの耳管の特性は、大人の耳管と比較して幅がある上に短い形であり、又ほぼ水平になっているため、様々な細菌が進入しやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関係しています。