脂質


5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを抑制し、色々な覚醒現象などを支配していて、気分障害(うつ病)の患者はその力が鈍くなってることが広く知られるようになった。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が見られず、体重が飲み食いや排尿等により一時的に増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上がります。
内臓脂肪過多の肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上一致する状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに平成24年9月からとなるため、病院などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いになりました。
筋緊張性頭痛とは肩凝りや首の凝りによる患者数が多い慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛み」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されることが多いようです。
ビタミンB6には、あのアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために欠かせない重要な回路に組み込ませるため、輪をかけて分解することを助長するという作用もあると言われています。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んだ精液や血液のほか、女性の母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口等に接触すると、HIV感染のリスクが大きくなってきます。
常識的に水虫イコール足、中でも足指の間にみられる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体のどこにでもうつってしまう恐れがあるので気を付けましょう。
下腹部の疼痛を起こす主な病には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な病名が聞かれるようです。
我が国における結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に沿う形で推奨されてきましたが、2007年から数多くある他の感染症と一括りにして「感染症新法」に沿って行われることが決まりました。
塩分や脂肪の摂取過多は中止して簡単な運動に尽力するだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような日常生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防止するポイントです。
エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症であって、免疫不全を引き起こし些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍を併発する病状そのものを称します。
自分で外から観察しただけでは骨が折れているかどうか分からない時は、違和感のある所にある骨を少しだけプッシュしてみて、もしその箇所に激しい痛みがあれば骨が折れている可能性があります。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の極めてきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けることができます。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足裏、指の間などにプツプツとした小さな水疱がみられる皮膚病で、大抵はあせもと呼び、足の裏に出来ると水虫と間違われるケースが結構あります。