途切れ


学校・幼稚園などの大勢での集団行動をする中で、花粉症の症状のせいで皆と同じように外で思いっ切り行動できないのは、患者である子供にとってもさみしいことです。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が細くなって、血液の流れが途切れ、栄養や酸素を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が壊滅状態になる大変危険な病気です。
まず間違いなく水虫=足、特に足の裏や指の間にできやすい病気だと思われていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけということはなく、全身いたる所にうつってしまうという恐れがあります。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や脳梗塞に始まる多種多様な病の原因となる可能性が高いといわれています。
アイコンタクトで、患者さんがセラピーアニマルを愛おしいと感じた時にオキトキシンというホルモンが分泌された結果、ストレスの低減や癒しなどに繋がっていくのです。
グラスファイバーで作製されたギプスは、衝撃に強くて軽い上に長期間使うことができ、シャワーなどで濡れても破損しないという利点があるため、現在の日本のギプスの定番製品でしょう。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータから、大人に比べると体の小さい子供のほうが飛散した放射能の被害をより受けやすいことがわかっているのです。
鍼灸用の針を皮膚に刺す、という物理的な程よい多数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を誘発するのではないかと言われています。
真正細菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が咳き込むことによって室内や外気に放り出され、空中でフワフワと浮いているところを別の誰かが呼吸しながら吸い込むことで次々に感染していきます。
汗疱というのは手の平や足裏、指の隙間などにちっちゃな水疱が出る症状で、広くは汗疹(あせも)と言われ、足裏に出ると水虫と混同されることが結構あります。
塩分と脂肪の大量摂取はやめて自分に合った運動を行い、ストレスの少ないような暮らしを意識することが狭心症の誘因となる動脈硬化を事前に予防するポイントだといえます。
体重過多に陥っている肥満は言うまでもなく摂取する食物の種類や運動不足などが誘因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、あっというまに終了する「早食い」を続ければ脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなると考えられています。
WHO(World Health Organization)は、紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮ふに健康障害をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使うことの禁止を強く先進国に推奨しています。
70代以上のお年寄りや持病を持っている人は、とりわけ肺炎になりやすく治るのが遅いという特徴があるため、予防の徹底や早めの手当が重要なのです。
歳を重ねることに縁る耳の聞こえにくさは緩やかに聴力が低くなるものの、大体は60歳過ぎまでは聴力の衰退をきちんとは把握できません。