周囲


UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報を壊すなど、肌に悪い影響をもたらすことになります。
骨折して酷く出血した際は、急激に血圧が下がって、周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血の症状が出現するケースがあります。
加齢に伴う耳の遠さではなだらかに聴力が落ちるものの、通常は60歳を超えないと聴力の衰えをしっかりとは認識できないものです。
高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、全身の血管に強い負担がかかった結果、頭頂からつま先に至るまでいろんな血管に障害が生じて、合併症を招く公算が大きくなるのです。
暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、多忙によるストレス、老化などの多様な原因が融合すると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症します。
汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足裏、指と指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる病気で、通常はあせもと言われ、足の裏に出現すると水虫と混同される場合が結構あります。
下腹部の疼痛を主訴とした代表的な疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患等の病名がみられるでしょう。
ブラッシングなどで、当事者が猫を愛おしいと思うと「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを減らしたり精神のヒーリングなどに結びつきます。
痩せたいためにカロリー摂取を抑制する、食べる量が少ない、等の生活を続けると必要な栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎していることは、しょっちゅう問題視されていることです。
BMIを求める計算式はどの国も同じですが、値の位置づけは国単位で異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義しているのです。
子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較して幅広で長さがなく、且つ水平に近いため、バイキンが潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関わっています。
グラスファイバーで作られたギプスは、衝撃に強くて軽量な上に長期間使うことができ、シャワーなどで濡れても壊れずに使えるという特長があるので、今の日本のギプスの第一選択肢です。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を有しない一般の人にも利用する事のできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスが指示してくれる通りにおこなうことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を患者にもたらします。
杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜しっかり眠れないと、それが災いして慢性の睡眠不足となり、次の日起きてからの仕事内容に悪い影響を与えるかもしれません。
ポリフェノール最大の長所は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を予防する作用をいかんなく発揮します。