酸化


生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在しているインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったため、その膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなり発症するという種類の糖尿病なのです。 Read More

脂質


5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを抑制し、色々な覚醒現象などを支配していて、気分障害(うつ病)の患者はその力が鈍くなってることが広く知られるようになった。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が見られず、体重が飲み食いや排尿等により一時的に増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上がります。
内臓脂肪過多の肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上一致する状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。 Read More

途切れ


学校・幼稚園などの大勢での集団行動をする中で、花粉症の症状のせいで皆と同じように外で思いっ切り行動できないのは、患者である子供にとってもさみしいことです。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が細くなって、血液の流れが途切れ、栄養や酸素を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が壊滅状態になる大変危険な病気です。 Read More

周囲


UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報を壊すなど、肌に悪い影響をもたらすことになります。 Read More