脚気


トコトリエノールの働きは抗酸化機能が一番知られていると思いますが、その他に美肌作用や、血清コレステロールの生産を抑えることが認められています。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさはなだらかに聴力が落ちますが、普通還暦過ぎくらいまでは耳の衰えをきちんとは自認できないのです。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や足が痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどが中心で、発症から時間が経ってしまうと、深刻な場合、心不全も併発する可能性があるとのことです。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、膨大な研究の成果から、注射の効果が見込めるのは、ワクチンを注射した日の14日後からおよそ5カ月程度だろうということが分かっています。
ほぼ100%に近い割合で水虫=足、ことさら足の裏や指の間に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、白癬菌にかかる場所は足しかないのではなく、全身いたる所にうつるという可能性があるのです。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特性があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮ふに悪い影響を与えることになります。
塩分や脂肪分の摂り過ぎを控えた上で簡単な運動を心がけるだけでなく、ストレスを溜めすぎないような日常生活を心がけることが狭心症を誘引する動脈硬化を防ぐポイントだといえます。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で乳幼児によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状がみられます。
寝姿を見ることなどで、入居者さんがセラピーアニマルのことを可愛らしいと思った時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを低減したり精神の癒しなどに繋がっていくのです。
男性だけにある前立腺はその活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン)が密接に関係していて、前立腺に出現してしまったがんも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて大きく成長します。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。
急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹痛・嘔吐・腹下しを伴う程度ですが、細菌感染による腸炎の場合は激烈な腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度台の高熱も出るのが特徴だといえます。
アルコールを分解するという力があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効く成分です。ゆううつな二日酔いの誘因物質だといわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに関わっているのです。
20歳代、30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学的な言葉で表現すると「早期閉経」という疾患を指します(我が国の場合は40歳未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と言います)。
期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるので珍しい病ではありませんが、発作が幾度も次々とみられるケースは楽観視できません。