軽くて着け心地が良い


吐血と喀血、2つとも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血とはのどから肺を通っている気道(きどう、呼吸器の一種)から血が出ることで、吐血というものは十二指腸より上部にある食道などの消化管から血が出る病状を指します。
素材がグラスファイバーのギプスは、大変丈夫で軽くて着け心地が良い上に長期間の使用に耐えることができ、濡らしてしまっても壊れずに使えるという利点があるため、今の日本のギプスの第一選択肢なのは間違いありません。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、正常ならば体をガンにさせない役目をする物質を製造するための型である遺伝子の不具合によって発生してしまう病気だと考えられています。
お年を召した方や病を持っている方は、殊に肺炎になりやすくて治るのが遅い傾向があるため、予防の徹底やスピーディな治療が重要なのです。
現在の病院の手術室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、準備室を備え、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ近くにX線のための専門室を設置するのが一般的である。
万が一婦人科の検査でやはり女性ホルモンの量が基準値よりも足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補てんする医術で緩和することができます。
鍼を皮膚に刺す、というフィジカルな何か所もの刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称される要は電気信号の化学伝達を誘引すると考えられているのです。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と呼び、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの場所に感染、もしくは寄生する感染症のことで俗に言う水虫のことです。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに平成24年9月1日よりとして導入されるので、集団接種ではなく医療機関で個々に注射する個別接種という形になりました。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの膨大な研究の成果により、予防の効能が望めるのはワクチン接種日の約2週間後から150日間ほどということが判明しています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在して緩衝材のような役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という柔らかくて円い形をした組織が突出してしまった様子を指しています。
クモ膜下出血(SAH)とはほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできる瘤(こぶ)が破裂してしまうことが原因となってなる命にかかわる病気だという知識を多くの人が持っています。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手の平や足の裏又は指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が出る症状で、おおむね汗疹(あせも)と言われ、足裏に現れると足水虫と思い込まれるケースもままあります。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が満了してから約30日後、市場の8割がジェネリックに取って代わる薬もあるというくらい、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界に知られています。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手足が何も感じなくなったり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、病状が進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全などをもたらす可能性があるとのことです。