一緒の甲羅


高級感ある松葉ガニも味噌があまり入っていない水ガニもどちらもズワイガニのオスであるとのことです。

それなのに、一緒の甲羅の大きさでも松葉ガニのプライスは高額に付けられているのに、水ガニは割と安い値段で販売が行われています。
大柄な身が素晴らしいタラバガニでも、味は少しだけ淡白と言えるため、調理を行わずにボイルし頂くよりもカニ鍋で堪能する方がおすすめだとの意見が多いです。

普通に口にしても嬉しい花咲ガニについては、殻ごとぶつ切りにし味噌汁にするのもいけます。北海道の人たちの間ではこのようにカニを入れた味噌汁のことを「鉄砲汁」と呼びます。

かにについては種類また部位をレクチャーしている通販サイトも存在しますので、旬のタラバガニのあれこれについてちょっと物知りになれるよう、その内容にも目を通すことをご提案します。

自然があふれている北海道の毛ガニの口当たりの良い旨み、あとを引く蟹味噌の味と上質な舌触りに満足感を得た後の終わりは、風味が行き渡る甲羅酒を飲みましょう!毛ガニはやはり最高です。