現状そこまで


裁判というのは楽ではないです。
労基法違反が、税法違反並みに国から必死に追及され罰則も重く、

法違反のリスクが高いと認識されればまた違うんでしょうけど、現状そこまでではないです。
(未払い賃金にせよ・限度を超えた超過労働強制にせよ、葬儀 埼玉です)罰金や、よしんば数か月懲役くらっても社会的信用や諸々含めて屁でもない人には効果が薄いかもしれません。
身代わり事業責任者にすべて擦り付ける経営者には追及が及ばないこともあるでしょう。
何かあるたびに会社をわざと潰しちゃ登記上別にして会社立ち上げて、資産隠しもうまくやってる人相手なら、追及も厳しいでしょう。どこまで巧妙な経営者を想定かはわかりません。
そこまで手慣れた非合法な会社は追及が難しいとは思いますが、そんなに多くないと思いますし。そもそも、そういう虚偽倒産や名ばかり管理職を偽造する会社には、今度は別の観点で司直の手が入りそうです。たいていのブラック企業は単なる中小零細ですし、大手上場ブラックの場合は、司法の場で負けると逃げられないです。